UA

LOADING...

UA

UA

UA

プロフィール

LANGUAGE:

UA

UA(ウーア)、1972年3月11日生まれ。
大阪府出身。

  • 1995

    6月、ビクタースピードスターレーベルより「HORIZON」でデビュー。
    デビュー当時から、その個性的なルックスと存在感のある歌声で注目を集める。
    10月ミニアルバム「PETIT」リリース。

  • 1996

    6月、シングル「情熱」が大ヒットし、認知度も一躍全国区に。
    10月ファーストアルバム「11」をリリース。
    各方面で絶賛を浴び、セールスは90万枚を突破。
    人気絶頂の中結婚し、第一子を出産。

  • 1997

    4月、ファーストツアーの模様を収録したライブアルバム「FINE FEATHERS MAKE FINE BIRDS」リリース。

  • 1998

    セカンドアルバム「アメトラ」をリリース。
    FM J-WAVE「カピバラレストラン」の番組ナレーションを始める。
    独特のテンポと多彩な内容で人気番組となり4年近く務める。
    ライブ映像を収めた「AMETORA'98」リリース。

  • 1999

    サードアルバム「turbo」をリリース。
    ライブツアーも精力的に行い、そのパフォーマンスとクオリティの高さで好評を博す。
    FUJI ROCK FESTIVAL'99のグリーンステージに、初の日本人女性アーティストとして出演。

  • 2000

    BLANKY JET CITYを解散した浅井健一とAJICOを結成。
    2枚のシングルをリリース。
    ROCKファン、音楽ファンの話題となる。

  • 2001

    AJICO名義のアルバム「深緑」をリリース。
    全国ツアーも行い、その様子を収めたLIVE CD&DVD「AJICO SHOW」発売。
    短い期間ながら鮮烈なインパクトを残した。

  • 2002

    7月、自ら初めて作曲を手掛けた「閃光」をリリース。
    9月、アルバム「泥棒」をリリース。
    10月、初主演映画「水の女」(テサロニキ国際映画祭グランプリ受賞作品)公開。
    11月からの全国ツアー「空の小屋」では、通常の音楽コンサートとは一線を画したアートとも言える精巧にデザインされたステージで、デリケート且つパワフルなパフォーマンスを披露し、オーディエンスを魅了した。

  • 2003

    4月よりスタートした、NHK教育テレビ(現Eテレ)番組「ドレミノテレビ」(2004年グッドデザイン大賞受賞)に、歌のおねえさん《ううあ》としてレギュラー出演。
    童謡や珠玉の名曲をオリジナルのアレンジで幅広く歌い、子供やその親にも認知が拡大。
    好評の為、その後、2年間に渡り放送される。
    また、楽曲は、小学校1,2年生向けの音楽教育プログラムやレクリエーションでも使用された。
    4月、ツアーを収録したライブアルバム「空の小屋」をリリース。
    9月に初のベストアルバム「Illminate~the very best songs~」、ミュージッククリップ集DVD「Illminate~the very best clips~」をリリース、共にロングセールスを記録。

  • 2004

    3月、アルバム「SUN」、ドレミノテレビで紡いだ数々の童謡・愛唱歌20曲を集めた《ううあ》名義アルバム「うたううあ」をリリース。
    5月からの全国ライブツアー「UA TOUR 2004」では、モニターに依存しないスリリングでフリーキーなライブパフォーマンスが好評を博し、10月、ライブアルバム「la」として音源化。

  • 2005

    6月、デビュー10周年を迎える。
    3月にアルバム「Breathe」をリリース。
    同年公開の映画「空中庭園」(監督:豊田利晃)に主題歌「この坂道の途中で」を提供。
    10月、他のアーティストとコラボレートして生まれた楽曲を集めたアナザーベストアルバム「Nephews」をリリース。

  • 2006

    7月、気鋭のジャズサックス奏者、菊地成孔とジャズアルバム「cure jazz」をリリース。
    ジャンルに囚われない彼女の活動がさらに広がり、FUJI ROCK FETIVAL'06出演後の東名阪ツアーも話題となる。

  • 2007

    5月、3年振りにUAとしてのオリジナルシングル「黄金の緑 / Love scene」をリリース。
    先立って、「黄金の緑」の歌詞にも出てくるツバルにエフエムの企画番組で訪問。
    美しい島々と相反する環境問題を目の当たりにし、その後の環境問題を提議するきっかけのひとつとなる。
    同時期公開の映画「赤い文化住宅の初子」(監督:タナダユキ)に、主題歌「Moor」を提供。
    6月には、松本人志初監督作品「大日本人」に小堀マネージャー役で出演している。
    7月、アルバム「Golden green」をリリース後、全国ライブツアー「GOLDEN GREEN '07」を敢行。

  • 2008

    10,11月度NHK「みんなのうた」で放映された、栗コーダーカルテットとのコラボレート作品「PoPo Louise」リリース。

  • 2009

    7月、2年振りにアルバム「ATTA」をリリース。
    同月、FUJI ROCK FESTIVAL'09のグリーンステージに出演後、ライブツアーも行う。

  • 2010

    4月、キャリア初の公開レコーディングライブアルバム「ハルトライブ」をリリース。
    6月には、デビュー15周年企画カバーアルバム「KABA」を発表。
    選曲の妙とジャケット(漫画家:くらもちふさこ)で話題になる。

  • 2016

    5月、7年ぶりのオリジナルアルバム「JaPo」(ヤポ)をリリース。
    FUJI ROCK FESTIVAL2016出演後、全国ツアーを行う。

  • 2017

    9月、朝日新聞デジタル&wにて野村友里さんとの往復書簡「暮らしの音」連載開始。

  • 2018

    5月、京都αステーション(FM京都)にてレギュラー開始。

  • 2020

    6月21日、デビュー25年を迎える。
    同日、エフエム特別番組にオンラインで参加。新曲を披露。
    9月、山形ビエンナーレ2020に、ボーカルとピアノのデュオで参加。
    10月、CINEMA CARAVAN「Play with the Earth」に参加。


    現在に至るまで、ワンマンツアー、フェス等、出演多数。
    また、ボーカリストとして様々なジャンルのアーティストのアルバムにも参加している。
    2005年より都会を離れ、田舎で農的暮らしを実践している。現在、カナダ居住。

京都αステーション(FM京都)にてレギュラープログラムオンエア中。
https://fm-kyoto.jp/information/info-91686/
朝日新聞デジタル&wにて野村友里さんとの往復書簡「暮らしの音」連載中。
https://www.asahi.com/and_w/seriese/kurashinooto/

映画&TV番組楽曲提供一覧

  • 1997
    • 「リズム」

      フジテレビ系ドラマ「フェイス」エンディングテーマ

    • 「悲しみジョニー」

      TBSドラマ「不機嫌な果実」主題歌

  • 1999
    • 「数え足りない夜の足音」

      テレビ朝日系「青年は荒野をめざす'99」主題歌

  • 2002
    • 「閃光」

      映画「水の女」主題歌

  • 2005
    • 「この坂道の途中で」

      映画「空中庭園」主題歌

  • 2006
    • 「傘がない」

      映画「長い散歩」主題歌

  • 2007
    • 「Moor」

      映画「赤い文化住宅の初子」主題歌

    • 「Panacea」

      BS朝日「アーシストCafe~緑のコトノハ」テーマ曲

  • 2009
    • 「てぃんさぐぬ花」

      映画「ユキとニナ」主題歌

    • 「黄金の緑」

      映画「ビューティフル アイランズ」イメージソング

  • 2012
    • 「星影の小径」

      映画「その夜の侍」主題歌

  • 2014
    • 「パレード」

      WOWOWドラマ「グーグーだって猫である」挿入歌

    • 「カチューシャの唄」

      NHK特集ドラマ「1914 幻の東京〜よみがえるモダン都市〜」

  • 2016
    • 「パレード」

      WOWOWドラマ「グーグーだって猫である2」挿入歌

  • 2017
    • 「Moor」

      テレビ東京系ドラマ「デッドストック〜未知への挑戦」エンディングテーマ

  • 2018
    • 「黄金の緑」

      BS朝日「アーシストCafe~緑のコトノハ」テーマ曲(現在も継続中)

  • 2019
    • 「椰子の実」

      NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で〜ルソン島、戦火の約束〜」挿入歌

UA

She was born in Osaka, Japan.

  • 1995

    UA released her debut single “HORIZON” from Victor Speedstar Records, which immediately caught the public attention because of her unique fashion and distinctive vocal quality.

  • 1996

    Her single “Jonetsu” released in June, was a major success, which made her renown nationwide.
    In October, she released her first album “11”. It was highly acclaimed and sold over 900,000 copies. UA married and had her first child this year.

  • 1999

    She was the first Japanese female artist to perform on Green Stage at Fuji Rock Festival.

  • 2000

    After release of “turbo”(1999), UA took a short break from her solo career and formed a band named AJICO with Kenichi Asai, a former member of Blankey Jet City, one of Japan's most influential rock musicians.

  • 2001

    AJICO released an album titled “Fukamidori”.
    The sales were strong, and what's more, it made UA's audiences aware of a new aspect of her musical talent and potential.

  • 2002

    UA released her first original composition “Senko”and her 4th album “Dorobo”.
    She also started her career as an actress in the same year.
    UA starred in “Mizu no Onna” (Woman of Water), a film which was awarded the grand prize at the International Thessaloniki Film Festival.

  • 2003

    She also wrote music for “Sara Soju” a film screened in competition at the Cannes Film Festival.

    UA's stage performance is quite impressive.
    It is more like a large-scale work of art than an ordinary musical concert.
    “Sora no Koya” Tour, took place in 2002, exemplifies how elaborately designed her stage is.
    With a keyboardist, a drummer, a bassist, a guitarist, and a steel pan player behind her, she created a delicate but powerful show that fascinated her audience.
    She was actively involved in the process of production to assure that her stage would be artistically executed to her standard.

    UA became a regular performer under the name of UUA (oo-oo-ah) on a children's television show, "Do Re Mi no Terebi," broadcasted on NHK.
    The program was designed so that traditional Japanese nursery songs would be passed on to the young viewers.
    In fact, many elementary school use this program for educational and recreational purposes.
    In September, she released her first best album “Illuminate 〜the very best songs〜” and the video clip collection “Illuminate 〜the very best clips〜”both of which are selling continually to this day.

  • 2004

    UA released her 5th album “SUN” in March, followed by a domestic tour “UA TOUR 2004”.
    A live album “la” was produced based on the sound source recorded during this highly acclaimed tour.
    She also released “UTAUUA” an album compiled 20 traditional Japanese nursing songs from the children's television show that she hosted, “Do Re Mi no Terebi”.

  • 2005

    UA celebrated her 10th anniversary.
    She released her 6th album “Breathe” in March.
    “Nephews” released in October was the compilation of her collaborated works with other artists.
    It featured “Kono Sakamichi no Tochu de” the theme song UA provided for “Kuchu Teien” a film directed by Toshiaki Toyoda.

  • 2006

    UA released a jazz album titled “cure jazz” with a jazz saxophone player, Naruyoshi Kikuchi.
    Tied up as “UA x Naruyoshi Kikuch” they performed at Fuji Rock Festival and Rising Sun Rock Festival.
    They also toured together and performed in Tokyo, Nagoya, and Osaka.

  • 2007

    UA released “Ogon no Midori/Love scene” three years after her previous single release.
    She wrote a new song “Moor” for a film “Akai Bunka Jutaku no Hatsuko” directed by Yuki Tanada.
    Her 7th album “Golden Green” was released in June, and she executed an all-around-Japan tour.
    She also appeared in the phenomenal film, “Dai-Nipponjin” directed by one of nation's most popular comedians, Hitoshi Matsumoto.

  • 2008

    She collaborated with Kuricorder Quartet and released “PoPo Louise”.
    It was broadcasted on NHK's music program for children, “Minna no Uta” as a song of the month for October and November.

  • 2009

    In July, UA released an album "ATTA".
    She performed at Fuji Rock Festival and had a Tokyo, Nagoya, and Osaka tour in September.

  • 2010

    In April, for the first time in her career, she released a public recording live album “HARUTO LIVE”, and also in June, as a celebration for her 15th anniversary from the debut, she released a cover album “KABA”.

  • 2016

    She released her new original alubm “JaPo”, it's been over 6 years since UA's last album.

  • 2020

    In June, UA marked 25th anniversary of her debut.
    She perfomed at Yamagata Biennale 2020 & CINEMA CARAVAN 「Play with the Earth」.


    Until now, UA has performed in a number of concert tours and music festivals.
    Since 2005, she is out from the city, living agricultural life.
    She lives in Canada.

Since 2018, UA has started her radio show "FLAG RADIO" as a DJ at FM radio, a-STATION in KYOTO.
Every odd numbered month, on every Friday 21:00- 22:00.
https://fm-kyoto.jp/information/info-91686/
Writing a regular column for &W, the Digital ASAHI.
https://www.asahi.com/and_w/seriese/kurashinooto/

映画&TV番組楽曲提供一覧

  • 1997
    • 「リズム」

      フジテレビ系ドラマ「フェイス」エンディングテーマ

    • 「悲しみジョニー」

      TBSドラマ「不機嫌な果実」主題歌

  • 1999
    • 「数え足りない夜の足音」

      テレビ朝日系「青年は荒野をめざす'99」主題歌

  • 2002
    • 「閃光」

      映画「水の女」主題歌

  • 2005
    • 「この坂道の途中で」

      映画「空中庭園」主題歌

  • 2006
    • 「傘がない」

      映画「長い散歩」主題歌

  • 2007
    • 「Moor」

      映画「赤い文化住宅の初子」主題歌

    • 「Panacea」

      BS朝日「アーシストCafe~緑のコトノハ」テーマ曲

  • 2009
    • 「てぃんさぐぬ花」

      映画「ユキとニナ」主題歌

    • 「黄金の緑」

      映画「ビューティフル アイランズ」イメージソング

  • 2012
    • 「星影の小径」

      映画「その夜の侍」主題歌

  • 2014
    • 「パレード」

      WOWOWドラマ「グーグーだって猫である」挿入歌

    • 「カチューシャの唄」

      NHK特集ドラマ「1914 幻の東京〜よみがえるモダン都市〜」

  • 2016
    • 「パレード」

      WOWOWドラマ「グーグーだって猫である2」挿入歌

  • 2017
    • 「Moor」

      テレビ東京系ドラマ「デッドストック〜未知への挑戦」エンディングテーマ

  • 2018
    • 「黄金の緑」

      BS朝日「アーシストCafe~緑のコトノハ」テーマ曲(現在も継続中)

  • 2019
    • 「椰子の実」

      NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で〜ルソン島、戦火の約束〜」挿入歌